天災に対する経済的なリスク対策は?

リスクと保険の考え方とは?@

リスクには、危険度とか、予想、予定通りにいかない可能性
といった意味がありますが、

 

私たちの身の回りには様々なリスクが存在しています。

 

実際、ライフプランを作成する上でも、プランはあくまでもプランですから、
当然、予想、予定通りにいかないことがたくさんあります。

リスクと保険の考え方とは?A

そこで、こうしたリスクを未然に防ぐにはどうしたらいいか
ということを考えるわけです。

 

例えば、健康管理をしっかりやって病気になりにくい体質になり、
入院や死亡に関するリスクを低くするという方法もあるかもしれません。

 

また、クルマの運転は常に安全運転を心掛けて、
事故のリスクを抑えるという対策もあるかもしれません。

 

こうした対策の1つとして、保険に加入することは、
入院してしまったり、事故にあったりしてしまった時の
経済的なリスクに備えることとして、事前にできる対策といえます。

天災に対する経済的なリスク対策は?

未然に防ぐことのできないリスクや、
自分が意図していない外的な要因によって生じるリスク、
それによる経済的なリスクというのは、非常にダメージが大きいものです。

 

こうしたリスクの代表的なものが「天災」です。

 

この天災とは、地震や噴火、津波、落雷、
その他風水害などの自然災害のことをいいます。

 

これらの自然災害が起きた場合には、
人的な被害から家屋や家財、自動車など、
生活に関するあらゆる物の被害が
大規模で起こる可能性があるわけですが、

 

これに対する経済的リスクを
すべてカバーできる保険というのはありません。

 

原則として、一般の保険は、日常的な災害を基本にしていますので、
1回の災害によって大きな損害が起きる可能性のある天災については、
補償の対象外としていたり、

 

あるいは、一部の天災のみを補償の対象としたり、
損害の一部を補償するなどしています。

 

よって、こうした大きな経済的リスクについては、
一部は保険でカバーしつつも、
万一の際に少しでも安心できるように、
事前に自分自身でもできることを考えておくことが重要になります。

 

スポンサーリンク