各経済的リスクに対応する保険とは?

保険の種類は?@

保険というのは、
経済的なリスク対策の1つであるといえますが、
この保険には、大別すると次の2つがあります。

 

■生命保険
■損害保険

保険の種類は?A

■生命保険
死亡した時や入院した時、高齢になった時に
保険金が支払われる保険で、人が対象になります。

 

■損害保険
次のような役割があります。
・相手の物を壊したり、相手を死傷させたりするなど、第三者への損害を与えた場合の補償

 

・自分がケガで入院・通院をした時の治療費の補填

 

・自分の持ち物が壊れた場合の補償

 

なお、これらの保険は、自分だけの力では準備できない、
もしもの場合のお金の経済的なリスクをカバーしてくれるものであり、
その目的や用途により、色々な保険があります。

生命保険と損害保険の違いは?

生命保険と損害保険との大きな違いは、次のようなところです。

 

●損害保険には、相手の損害に対する補償がある

 

●生命保険は、例えば、死亡したら1,000万円など、
あらかじめ契約した金額が支払われる「定額払い」であるのに対して、
損害保険は、実際の損害額を支払う「実損払い」となっていること

 

スポンサーリンク

各経済的リスクに対応する保険とは?

次のような経済的なリスクに対しては、それぞれ代表的な保険があります。

 

■賠償責任 ⇒ 個人賠償責任保険

 

■自転車事故 ⇒ 自転車保険、個人賠償責任保険、傷害保険

 

■火災・地震 ⇒ 火災保険、地震保険

 

■自動車事故 ⇒ 自賠責保険、自動車保険

 

■長生き ⇒ 個人年金保険、変額個人年金保険

 

■ケガによる入院 ⇒ 傷害保険、医療保険、所得補償保険

 

■病気による入院 ⇒ 医療保険、がん保険、所得補償保険

 

■死亡 ⇒ 終身保険、定期保険、定期付終身保険、収入保障保険

 

スポンサーリンク