理想的な保険の見直し方法とは?

リスク対策と保険のあり方@

一般的には多くの人が、次のような保険に
意識がいってしまいがちであると言われています。

 

■何となく保険金が受け取りやすい
■損得勘定がしやすい
■リスクの内容や保険金の支払いがわかりやすい...など

リスク対策と保険のあり方A

こうした結果、
保険料の支出が高額になってしまったり、
万一の際に本当に必要なリスク対策が
不十分になってしまったりといった傾向にあるようです。

 

どこまでを保険でカバーするのかということについては、
個々の家計や貯蓄状況により異なりますし、
理屈を抜きにすれば、保険に加入すること自体が
精神的な安定になっているのかもしれません。

 

しかしながら、
あくまでもリスク対策というのは、保険ではありませんので、
予防であったり、緊急予備資金といった手段もあることは
知っておきたいところです。

理想的な保険の見直し方法とは?

保険はお守りであると言われるように、
保険に加入すると、確かに安心感がありますので、

 

それによって健康でいられたり、
事故を起こしにくくなったりということは、
実際あるのかもしれません。

 

しかしながら、ここは一度冷静になって、
現在加入している保険を見直してみることをオススメします。

 

保険の見直しをする際には、
担当の保険代理店やファイナンシャルプランナーなどに、
自分のケースにあてはめて、
具体的に実行を助けてもらうのが理想的です。

 

とはいえ、その前に
自分の保険についてきちんと把握しておいたり、
方向性や希望を話せるようにしておくことは重要です。

 

スポンサーリンク