火災保険の種類はどれくらいあるの?

火災保険の種類について@

火災保険は、火災だけでなくその他の損害に対しても、
商品の種類によって補償される範囲は異なりますので、
どのようなタイプがあるのかを把握しておくことは大切です。

 

商品によっては、第三者への損害賠償や
火災による傷害まで担保されるもの、
色々な特約があるものといったバリエーションも豊富になっています。

火災保険の種類について<掛捨型の保険>

<掛捨型の保険>
■住宅火災保険
補償の範囲は次のようになっています。
・火災による災害
・落雷による災害
・爆発・破裂による災害
・風災・雪災・ひょう災

 

■住宅総合保険、団地保険
補償の範囲は次のようになっています。
・火災による災害
・落雷による災害
・爆発・破裂による災害
・風災・雪災・ひょう災
・外部からの物体の衝突や飛来などの損害
・他の戸室からの水漏れ
・騒じょうによる破壊
・家財の盗難
・台風等による水害

 

■地震保険
火災保険とのセットでの加入になりますので、単独での加入はできません。

 

また、地震保険を付帯できるのは
損害保険会社の火災保険だけなので、火災共済には付帯できません。

 

ちなみに、通常、
損害保険会社の掛捨型の火災保険は1年更新です。

 

スポンサーリンク

火災保険の種類について<積立型の保険>

<積立型の保険>
■積立生活総合保険
補償の範囲は次のようになっています。
・火災による災害
・落雷による災害
・爆発・破裂による災害
・風災・雪災・ひょう災
・外部からの物体の衝突や飛来などの損害
・他の戸室からの水漏れ
・騒じょうによる破壊
・家財の盗難
・台風等による水害

 

ちなみに、
積立型の保険は、3年、5年、10年などの期間から選択し、
満期時には満期保険金を受け取ることができます。

 

また、保険料についても一時払型と月払型がありますが、
一般的には一時払型の方が安く設定されています。

 

スポンサーリンク