火災保険の再調達価格とは?

火災保険の再調達価格について

火災保険の再調達価格というのは、
簡単にいいますと、同等のマイホームを
新たに新築・購入した場合に必要な資金額のことです。

 

以下、火災保険の再調達価格の設定について、
具体的にみていきたいと思います。

火災保険の再調達価格の設定の仕方は?

保険金額を価格協定保険特約をつけて、
再調達価格で設定してください。

 

このようにすれば、
火災が起きたときに修理費用や買い直し、
建て直しに必要な費用を全額保険で賄うことができます。

 

なお、このとき保険金額を時価で設定してしまうと、
建物から時間が経過した消耗分が
差し引かれてしまいますので注意してください。

 

ちなみに、再調達価格3,000万円のマイホームに
3,500万円の保険金額で契約した場合には、
それが全焼したとしても、500万円部分は超過保険ですので、
損害額の3,000万円までしか保険金は受け取れません。

 

万が一の際に困らないよう、
自分のマイホームの価値に見合った保険に加入しているのかどうか、
定期的に見直しをするようにしましょう。

保険金額の設定は時価なのか再調達価格なのかが重要!

保険金額を設定するときは、
再調達価格なのか時価なのかがとても大切になります。

 

これは、再調達価格というのは
同等のものを新たに購入・建築するのに必要な金額のことをいいますが、
時価というのは
その再調達価格から使用による消耗分を差し引いたものだからです。

 

従いまして、時価によると、
年数が経過している建物の場合には価値が下がりますし、
修理費や新たに同等のものを建築・購入するための費用が
補償されなかったりすることもありますので注意してください。

 

スポンサーリンク