火災保険の時価とは?

火災保険の時価について@

火災保険での時価というのは、簡単に言ってしまうと、
現時点での住宅や家財の価値そのものの評価額のことです。

 

より具体的には、時価というのは、
再調達価格(同等のものを新たに新築・購入するのに必要な資金)
から使用による消耗分を差し引いた額ということです。

火災保険の時価についてA

例えば、15年前に購入したマイホームは、
15年間使用した分だけ消耗して価値が下がっているわけですが、
時価の場合はこの消耗分が控除されているということです。

 

火災保険の保険金額を設定する場合に、
これを時価で設定していしまいますと、

 

消耗分が控除されているために、
同等のものを新築・購入するだけの補償が
受けられなくなる可能性があります。

 

なので、保険金額の設定の際には、
価格協定保険特約をつけ、
正しく評価された再調達価格で設定するように注意してください。

 

ちなみに、火災保険に価格協定保険契約をつけて契約すると、
評価額を再調達価格にすることができます。

 

この場合、建物や家財が全焼した際には
200万円を限度として
保険金額の10%が特別費用保険金として支払われます。

火災保険の再調達価格とは?

火災保険の再調達価格とは、わかりやすく言うと、
同等のマイホームを新たに新築・購入した場合に、
必要な資金額ということです。

 

スポンサーリンク