火災保険の質権設定とは?

火災保険の質権設定について@

金融機関が行う火災保険の質権設定というのは、
金融機関で住宅ローンを借りた場合に、

 

火災にあった時に住宅ローンだけが残らないように、
保険金がローンの支払に優先的に支払われるように
事前に設定しておくことをいいます。

火災保険の質権設定についてA

通常、金融機関では、住宅ローン融資を実行した際に、
対象の土地と建物に担保として抵当権を設定します。

 

ただ、これでは、万が一火事になった場合、
土地の価値は下がりませんが、建物の価値は、
火事で著しく低くなってしまったりなくなってしまうことも考えられます。

 

よって、建物の担保代わりとして
火災保険証券をローン完済まで預かり、
火災保険金請求権に質権をつけているのです。

 

以前は、金融機関による質権設定は強制だったのですが、
現在は銀行によって質権の設定については対応が異なるようです。

 

しかしながら、土地に抵当権をつけない場合には、
強制的に建物への火災保険の質権設定が求められます。

 

期間の経過によって建物の価値も変わってきますので、
火災保険については、5年くらいごとに
価格の見直しと保険の現状を確認することも大切です。

他の火災保険にも加入している場合は?

他の火災保険にも加入している場合には、
合計保険金額が時価を超えないように設定したいです。

 

というのは、時価を超えた保険金額というのは補償されないので、
保険料が無駄になってしまうからです。

 

なお、2社以上の保険に加入している場合の支払保険金額は、
他の契約がなかったと仮定した支払責任額から算出しますが、
時価を超える保険金は支給されないことになります。

 

スポンサーリンク