特約火災保険の引受損害保険会社が破綻したら…

特約火災保険の引受損害保険会社の破綻について@

特約火災保険を引き受けている損害保険会社が破綻した際、
火災保険については、
契約者が個人や小規模企業者※、マンション管理組合の場合には、
保護の対象にはなるのですが、

 

掛捨て・積立型の種類に関係なく、引受割合に応じた保険金が
10%削減されますので注意が必要です。

特約火災保険の引受損害保険会社の破綻についてA

※小規模企業者
…おおむね常時使用する従業員の数が20人
(商業・サービス業に属する事業を主たる事業として営む者については5人)
以下の事業者

特約火災保険と選択対象火災保険について

特約火災保険というのは公庫専用のもので、
選択対象火災保険というのは
一般の火災保険で商品性が
特約火災保険と同等以上と認められたものです。

 

公庫融資を利用するときには、
特約火災保険と選択対象火災保険
のどちらかに加入しなければなりません。

 

■特約火災保険の特徴
同じ補償の他の火災保険よりは、保険料がおよそ50%程度安いです。

 

しかしながら、複数の損害保険会社で共同引受けをしているため、
1社が破綻すると保険金が減額されてしまうというデメリットもあります。

 

■選択対象火災保険の特徴
選択対象火災保険は、
自分自身で破綻する可能性が低いと思われる保険会社を選べる
というメリットがあるのですが、
保険料が高いというデメリットがあります。

積立型の火災保険の満期・解約返戻金は?

積立型の火災保険の満期・解約返戻金については、
破綻したときの責任準備金の※90%が保護されることになっています。

 

ちなみに、地震保険の解約返戻金については全額保護されます。

 

※保険会社がリスクに対して積み立てているものです。

 

スポンサーリンク