地震保険とは?

地震保険について@

地震保険というのは、
地震によって被った建物や家財の損害を填補する保険のことですが、

 

この地震保険は、
火災保険に付けて加入するのが前提になっています。

地震保険についてA

この地震保険は、建物については5,000万円、
家財については1,000万円を限度として、
火災保険金額の30%〜50%の範囲で設定できます。

 

なお、保険期間は、
火災保険の期間を超えることはできないものとなっています。

火災保険の地震による補償は?

火災保険では、
地震によって発生した火災による損害だけにしか補償がありません。

 

具体的には、火災費用保険金として
火災保険金額の5%しか支払われず、
この金額についても300万円が限度となっています。

 

また、多くの損害を受けても、
建物は半焼以上か家財が全焼※でなければ保険金が給付されません。

 

このように、火災保険による地震の補償というのは
かなり厳しい条件になっていますので、
地震による損壊の補償を受けるには
やはり地震保険に加入することが大切です。

 

※家財を収容している建物が半焼以上でも差し支えありません。

 

スポンサーリンク

保険料と保険金給付額について

保険料については、
地層や過去の地震経緯の場所と
鉄筋・鉄骨・木造・モルタルなどの建物の構造によって異なります。

 

また、保険金給付額については、
全損・半損・一部損に分類され、損害の程度によって異なります。

 

ちなみに、家財では次のようになっています。

 

■全損 ⇒ 損害額が時価の80%以上

 

■半損 ⇒ 30%以上80%未満

 

■一部損 ⇒ 10%以上30%未満で一部損

 

スポンサーリンク