地震保険と全損・半損・一部損

地震保険の補償は?@

地震保険というのは、保険対象が建物と家財で、
地震や噴火を原因とする火災や損壊、
流失や埋没などによる損害を補償する保険です。

 

この地震保険は
火災保険に付帯して加入することが前提になっています。

地震保険の補償は?A

また、契約金額には
火災保険の30〜50%以内という制限があり、
建物は5,000万円、家財は1,000万円となっています。

 

もし、地震による損害の補償を厚くするのであれば、
JAの建物更正共済や全労災の自然災害保障つき火災保険
などへの加入も検討してみるとよいかもしれません。

支払われる地震保険は?

地震保険というのは、その損害の程度によって
補償される金額が異なりますが、

 

このときの金額の判断にされる基準というのが、
全損・半損・一部損の3種類ということになります。

 

スポンサーリンク

全損とは?

■建物
基礎や柱などの主要構造部の損害額が時価の50%以上、
または流失・焼失した部分の床面積が70%以上の場合

 

■家財
損害額が時価の80%以上の場合半損とは?

 

■建物
基礎や柱などの主要構造部の損害額が時価の20%以上50%未満、
または流失・焼失した部分の床面積が20%以上70%未満の場合

 

■家財
損害額が時価の30%以上80%未満の場合一部損とは?

 

■建物
基礎や柱などの主要構造部の損害額が時価の3%以上20%未満、
または床上浸水の場合

 

■家財
損害額が時価の10%以上30%未満の場合

 

スポンサーリンク