地震保険の保険料は?

地震保険の保険料について@

地震保険の保険料というのは、
木造であるか木造でないかという
建物の構造や物件の所在地によって異なります。

 

具体的には、鉄筋などの建物の場合には
木造の建物よりも保険料は安いです。

地震保険の保険料についてA

また、所在地については、1〜4等に分類されていて
4等が最も高い保険料に設定されています。

 

保険料率については建物でも家財でも同じです。

地震保険の割引料について

平成13年10月から建物の性能による
次のような保険料の割引制度が導入されました。

 

■昭和56年6月以降の建築物 ⇒ 10%割引

 

■住宅性能評価書の耐震等級による割引 ⇒ 10〜30%

 

スポンサーリンク

所在地の等級について

2006年の財務省の資料によると次のようになっています。

 

■1等地
北海道、福島、島根、岡山、広島、山口、香川、福岡、佐賀、鹿児島、沖縄

 

■2等地
青森、岩手、宮城、秋田、山形、茨城、栃木、群馬、新潟、富山、石川、山梨、鳥取、徳島、愛媛、高知、長崎、熊本、大分、宮崎

 

■3等地
埼玉、千葉、福井、長野、岐阜、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山

 

■4等地
東京、神奈川、静岡

 

スポンサーリンク