団体信用生命保険への夫婦での加入は?

団体信用生命保険の仕組みは?@

団体信用生命保険というのは、
住宅ローン借入者が死亡したり高度障害になった際に、

 

その時点での残債相当を
保険金として支払う仕組みになっています。

団体信用生命保険の仕組みは?A

フラット35や住宅金融支援機構では、
申込者と連帯債務者が夫婦の場合には、

 

申込者だけでなく連帯債務者も
団体信用生命保険に加入できます。

収入合算で住宅ローンを組んだ場合はどうなるのですか?

フラット35や住宅金融支援機構では、
収入合算で住宅ローンを組んだ場合には連帯債務者になります。

 

住宅金融支援機構の団体信用生命保険の場合には、
連帯債務者と夫婦であれば、
本来申込者しか加入できない団体信用生命保険に
夫婦で加入することができます。

 

いわゆるデュエットです。

 

スポンサーリンク

デュエットのメリットはどんなところですか?

デュエットのメリットとしては、
夫婦のうちのどちらか一方が死亡・高度障害になった場合に、
住宅の名義や持分にかかわらず、
残った住宅ローンの全額が支払われるということがあげられます。

 

これは、夫婦共働きで返済するつもりで
住宅ローンを組んだ場合には、
連帯債務者の収入がなくなると返済が困難になりますので、
連帯債務者の死亡リスクに備えることができるといえます。

 

なお、特約料は単独加入のおよそ1.55倍になりますが、
2人分の保険料が1.55倍ほどの保険料でまかなえるわけですから、

 

連帯債務者を被保険者とした保険に別途加入するよりは
かなり割安と考えられます。

 

スポンサーリンク

連帯債務者が仕事を辞めたため保証が不要になった場合は?

連帯債務者が仕事を辞めたために
保証が不要になった場合には、脱退することが可能です。

 

ただし、この場合には、
連帯債務者の返済分を契約者が代わりに返済すると、
その肩代わりの分が贈与とみなされることもありますので、

 

住宅の名義や持分を実態に合わせて
変更するなどの注意が必要になります。

連帯債務者が配偶者でない場合はどうしたらよいのでしょうか?

連帯債務者が配偶者でない場合や
民間金融機関の商品の場合は、
連帯保証人や連帯債務者は
団体信用生命保険に加入することはできません。

 

よって、保証が必要な場合には、別々に住宅ローンを組むか、
民間の生命保険で対応することになります。

 

スポンサーリンク