団体信用生命保険の保険料の支払方法は?

団体信用生命保険,保険料,支払方法@

民間金融機関では、保険は強制加入ですが
保険料は金利に含まれています。

 

一方、住宅金融支援機構などの公的金融機関では、
保険は任意加入ですが
保険料は毎年のローン残高に対して支払うことになります。

団体信用生命保険,保険料,支払方法A

具体的な保険料については、
返済方法や借入額、借入期間によって決定されます。

 

ちなみに、元金均等返済と元利均等返済では、
元金均等返済の方が、元本の減少が早い分保険料は安くなります。

 

なお、団体信用生命保険料は
年末調整の対象にはなりませんので注意が必要です。

具体的な保険料の支払いはどうなるのですか?

保険料の支払いについては、次のようになります。

 

●保険料の引き落としがされずに
猶予期間※までに支払いが行われない場合には
保険期間が終了します。

 

※融資実行月の翌々月です。

 

●保険料は毎年借入残高に対してかかってくるので、
残高が減れば減るほど少なくなります。

 

ただし、支払った後に繰上返済をしても
支払済みの保険料は戻ってきません。

 

●住宅金融支援機構などの公的金融機関では、
保険料は年払いで、翌年からは
毎年借入実行の応答月に引き落としされます。

 

●民間金融機関のローン商品については、
保険料は金利込みなので別途負担はありません。

 

ただし、銀行で取扱っている「フラット35」の
団体信用生命保険については別途任意加入になります。

 

スポンサーリンク