肩代わり債務と保証料

保証会社が肩代わりした債務はどうなるのですか?@

万が一、ローンの返済が
6か月以上滞るような事態になると、

 

金融機関は、通常、契約者に
全額返済を求める代わりに保証会社へ請求します。

保証会社が肩代わりした債務はどうなるのですか?A

これによって、契約者は、金融機関への返済義務はなくなりますが、
今度は肩代わりしてくれた保証会社に返済しなければならなくなります。

 

これは、個人の連帯保証人を立てた場合も同様です。

 

ただし、この段階までくると、
ほとんどのケースが、住宅を任意売却したり
競売にかけたりすることになると思われます。

 

ですから、住宅ローンの返済が困難になったときには、
できるだけ早急に金融機関に相談することが大切です。

 

金融機関としても、
契約者のローン返済の行き詰まりを望んでいるわけではありませんので、
状況によっては、
返済計画の見直しに応じてくれることもあります。

保証会社の保証料の金額はいくらくらいなのですか?

保証会社の保証料の金額は、
保証する機関により異なりますが、

 

一般的には、
銀行系の保証会社は、ほぼ同じ保証料の場合が多く、
信販系は担保基準が緩いこともあって、多少高めになっています。

 

なお、住宅ローンを組む人の収入状況などによって
保証料が高くなる場合もあります。

 

保証料の支払方法については、
主流となっているのは借入時の一括払いですが、
一部の銀行や労働金庫のように

 

毎回の金利に上乗せする場合や、
どちらかを選択できる場合もあります。

 

この場合の上乗せ幅は0.2%前後が一般的です。

 

スポンサーリンク