団体信用生命保険の仕組みとは?

住宅ローンを借りたら生命保険に入るべき?@

よく住宅を購入するときは
保険の見直しの時期でもあるといわれます。

 

住宅ローンというのは、返済期間が長きに渡りますから、
万が一のことがあったらと考えると
不安に感じられる人もいるかもしれません。

住宅ローンを借りたら生命保険に入るべき?A

ただ、実際には、
フラット35と機構財形住宅融資以外の住宅ローンの場合は、
団体信用生命保険(団信)への加入が
融資の必要条件になっています。

 

なので、もしもローンの契約者が死亡したり、
高度障害になったりした場合には、
保険でローンの残りを返済してくれることになります。

 

ちなみに、この際の保険料は、金融機関が負担します。

 

なお、フラット35と機構財形住宅融資では、
団体信用生命保険への加入は任意で、
保険料は自己負担となっています。

団体信用生命保険とは?

団体信用生命保険というのは、
住宅ローン借入者が死亡や高度障害の状態になり、
住宅ローンの残高が返済不能になったときに
生命保険で相殺され、

 

住宅ローンが家族に残ることがないようにするために
加入し保険料を支払うというものです。

 

ほとんどの民間の住宅ローンは、
この団体信用生命保険への加入が条件になっていて、

 

過去や現在の病気により
生命保険への加入ができない場合には、
ローンの借り入れを断られるケースもあります。

 

なお、加入が義務付けられている住宅ローンのほとんどは
保険料が金利に含まれていますので、
別途負担する必要はありません。

 

ただし、フラット35や一部の住宅ローンは
別途保険料が必要になりますので、
その際は保険料を計算しておくことが必須です。

 

ちなみに、借入金額にもよりますが、
数百万円の単位になることも多々ありますから、
注意が必要です。

 

スポンサーリンク