疾病保障付住宅ローンの内容は?

団体信用生命保険では足りない?@

住宅ローンを借りる際には、
団体信用生命保険に加入しますが、

 

これは借り手が死亡あるいは高度障害という状態になったときに、
その時点での住宅ローンの残高と同額の保険金がおりて、

 

その保険金で、一括繰上げ返済を行うことができる
仕組みになっています。

団体信用生命保険では足りない?A

できれば考えたくないことですが、
死亡まではいかなくても、重病で入院したり
働くことができなくなったりすることは十分にあり得ます。

 

このような場合には、
団体信用生命保険からは、保険がおりず
住宅ローンの支払いは続いていきますので注意が必要です。

 

こうしたときのために、
当初は3大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)
を対象とした
保険付きの住宅ローンが登場しました。

 

ちなみに、現在では、上記に
5大慢性疾患(高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎)
を加えた
8大疾病保障付きの住宅ローンも登場しています。

保険がダブルことはないの?

生命保険だけでなく医療保険にも加入し、
さらに住宅ローンにも疾病特約を付けるというのは、
何か保険がダブっていそうな気もします。

 

確かに、医療保険の入院給付金で、
ある程度入院期間の生活費等も
考慮に入れて賄うような設定をしていれば、
住宅ローンの疾病特約は不要なのではないかとも思えます。

 

とはいえ、疾病特約付きの住宅ローンに加入したとしても、
保険の内容は各金融機関によって多少の違いがありますので、
補償内容についてはよく確認するようにしたいです。

 

また、該当する病気になったからといって、
すぐに保険金がおりるわけではなく、

 

病気の種類によっては
猶予期間や免責期間が異なりますので、
こうした点への注意は必要です。

 

よって、保険料と補償内容、
それから現在すでに加入している
生命保険や医療保険の内容を
よく確認した上で検討することが大切です。

 

スポンサーリンク