品確法の目的は?

品確法とは?@

品確法というのは、
不動産建設業界で呼ばれている名称ですが、

 

正式な法律名称は
「住宅の品質確保の促進等に関する法律」
といいます。

品確法とは?A

この法律は、平成12年4月1日に、
購入者が安心して
良質な住宅を取得できる住宅市場の確立と、

 

それによる国民生活の安定向上と
経済の健全な発展に寄与することを目的として施行されました。

 

品確法は、購入者保護の観点から、
かつてあったような供給者と購入者との認識ギャップを補い、
あるいは、そこにおける情報の信頼性を向上させることによって、
今後の住宅市場全体のあり方を大きく変えた法律の1つです。

品確法の目的は?

以前ですと購入者には、
住宅の性能に関する共通のルールがないことから、
物件の相互比較が困難であったり、
あるいは個々の物件評価の信頼性に不安もありました。

 

また、実際に住み始めてから問題が起きて紛争になったりしても、
専門的な処理体制がないことから、多大な労力が必要となりました。

 

さらに、不具合が確認されても、
契約上に定められた一般的な瑕疵担保期間(当初2年間)では
十分な修繕の要求も不可能でした。

 

他方、供給者側にも共通のルールがないことから、
購入者から正確な理解を得られないとか、
あるいは、性能に関するクレーム対応・紛争には、
多大な労力がかかるといったことが問題となっていました。

 

このようなことが背景にあったことから、
住宅の生産からアフターサービスまでを
一貫して品質が確保される住宅市場になることを目的として、
「住宅の品質確保の促進等に関する法律」
という法律が制定されたのです。

 

スポンサーリンク