疾病保険付の住宅ローンとは?

疾病保険付ローンとは?@

民間金融機関の住宅ローンの場合は、
団体信用生命保険の加入が条件となっていていますので、
次のようなときには、その時点での残りの債務が弁済されます。

 

■債務者の死亡
■保証開始日以後の傷害又は疾病により、所定の高度傷害状態に該当したとき

疾病保険付ローンとは?A

一方、疾病保険付ローンというのは、
上記の団体信用生命保険に加えて
保障範囲を拡大し、

 

三大疾病(ガン・急性心筋梗塞・脳卒中)を中心として
所定の支払事由に該当したときに
保険金が支払われ、残債務を弁済するものをいいます。

疾病保険付ローンの保険料の支払は?

三大疾病保障に加入する場合は、
住宅ローンの支払金利に0.2〜0.3%程度上乗せして
保険料を支払うのが一般的です。

 

といっても、フラット35では、
団体信用生命保険(団信)への加入は任意なので、

 

三大疾病保障付機構団信に加入した場合には、
通常の団信特約料に加えて
三大疾病の保険料を支払う形になります。

 

ちなみに、金額ですが、
借入金額1,000万円に対して年54,700円(年払い)となっています。

 

通常の団信ですと、2010年4月現在、
借入金額1,000万円に対して年35,800円(年払い)ですから、
年18,900円の保険料で
三大疾病保障に加入しているともいえます。

 

スポンサーリンク