三大疾病保障付住宅ローンの留意点は?

疾病保険付ローンの範囲・条件は?@

疾病保障の範囲や条件などは、
各金融機関ごとに異なるのですが、
疾病保障については、大別すると次の2種類があります。

 

●疾病と診断されて所定の状態になった場合には、
速やかに住宅ローンの残りの債務が全額清算されるタイプ

 

●所定の疾病と診断され免責期間を経過してもすぐには清算されず、
1年間程度の一定期間については、まずは毎月のローン返済額が保障され、
その状態が継続した場合に住宅ローン残債務が清算されるタイプ

疾病保険付ローンの範囲・条件は?A

なお、
どちらのタイプにしても、
保険の概要をしっかりと把握した上で加入することが大切です。

三大疾病保障付住宅ローンの留意点は?

三大疾病保障付住宅ローンは、
民間金融機関で最初に取り扱いが開始されたものですが、

 

フラット35の三大疾病特約付機構団信や、
他の民間金融機関の七疾病特約付住宅ローンなど、
保険付商品としての選択肢が次々に登場しています。

 

通常の団信ではカバーできない
三大疾病(ガン・急性心筋梗塞・脳卒中)
まで保障されることから、
より安心が増すといえそうです。

 

しかしながら、保障範囲が広がる反面、
保険料は高くなりますから、

 

保障の条件と保険料とを比較検討しながら
選ぶことが大切になってきます。

 

なお、次のようなこともしっかり把握しておきたいところです。

 

■保険加入のタイミングについては、住宅ローン契約時に限定されていること

 

■中途で解約できないといった制約があること

 

スポンサーリンク