団体信用生命保険への加入は義務?

団体信用生命保険とは?@

住宅ローンを利用している人(債務者)が、
その返済期間中に死亡したり、高度障害といった
不足の事態に陥った場合には、

 

残された家族が、
残りの債務を継続して返済していくことになります。

団体信用生命保険とは?A

団体信用生命保険というのは、
このような事態に備えて、
住宅ローン利用者(債務者)が加入する保険のことをいいます。

 

団体信用生命保険に加入していると、
もし万一のときには、
その保険金が残された債務に充当され完済されることになります。

 

よって、
団体信用生命保険は、もし万一の場合に、
残された家族の負担もなく
生活できる場を残すことができることからも、

 

住宅ローンを安心して利用する仕組みの1つとして
不可欠のものとなっています。

団体信用生命保険への加入は義務なの?

民間金融機関では、原則として住宅ローンを利用する際には、
団体信用生命保険に加入することが絶対条件となっています。

 

つまり、持病や過去の病気、通院などを理由として、
最低条件である団体信用生命保険に加入できない場合には、
原則として民間金融機関の住宅ローンは利用できないということになります。

 

ちなみに、仕組みの上では、
金融機関が保険料を負担して保険金受取人となっています。

 

スポンサーリンク