バリアフリーリフォームを利用するには?

バリアフリーリフォームを利用するにはどうしたらよいですか?@

バリアフリーリフォーム
(高齢者向け返済特例制度)
を利用するには、

 

以下のような簡易不動産鑑定と
高齢者住宅財団での
カウンセリングを受けなければなりません。

バリアフリーリフォームを利用するにはどうしたらよいですか?A

申し込みについては、住宅金融支援機構の
業務取扱金融機関で行います。

 

■簡易不動産鑑定
物件(土地)の簡易不動産鑑定を受け、
その結果に基づいて高齢者住宅財団が
「保証限度額証明書」を発行します。

 

費用は7万円〜10万円ほど必要になります。

 

■ カウンセリング
まずは高齢者住宅財団か、
近くの住宅金融支援機構の本支店に連絡します。

 

すると、利用者に
高齢者向け返済特例制度をよく理解してもらうための
アドバイスが行われます。

 

なお、料金は無料になっています。

 

スポンサーリンク

バリアフリーリフォームの融資条件はどうなっているのでしょうか?

バリアフリーリフォーム(高齢者向け返済特例制度)
の主な融資条件は以下のようになっています。

 

■融資対象
一戸建てのみとなっています。
■対象工事
対象となる工事は、耐震改修工事と、バリアフリーの基礎に適合する工事で次のものとなります。
・浴室および階段の手すり設置
・廊下幅およぼ居室の出入口の幅
・床の段差解消
■返済期間
申込本人※の死亡時まで(死亡時に一括返済)
※連帯債務者も含みます。
■利用できる人
申込時満60歳以上※の人
※上限はありません。
■返済額
毎月支払いは利息のみ
※ボーナス併用はありません。

■融資額
最低100万円で次のいずれか低い額です。
・500万円(修繕・模様替えの場合は240万円)が上限
・(財)高齢者住宅事業財団が定める保証限度額
■手数料等
高齢者住宅財産への事務手数料は36,750円です。
■火災保険
付保
■団体信用生命保険
団信は利用できません。
■保証
・高齢者居住支援センターに依頼します。
・保証料は借入金の1.5%です。
■抵当権
建物と土地に住宅金融支援機構の第1順位の抵当権を設定します。

 

スポンサーリンク