機構のリフォームローンとは?

住宅金融支援機構のリフォームローンとはどのようなものですか?@

住宅金融支援機構は、平成19年3月に
住宅金融公庫の廃止に伴い設立された機関となっています。

 

この機構では、
旧住宅金融公庫廃止の経過措置を含め、
リフォームローンの申し込みについては
以下の人のみを認めています。

住宅金融支援機構のリフォームローンとはどのようなものですか?A

■旧住宅金融公庫で、すでに以下の申し込みを行った人
・住宅積立郵便貯金積立者で一定要件を満たす人
・つみたてくん(住宅債券)の積立者で一定要件を満たす人

 

■耐震改修工事または耐震補強工事を行う人
■高齢者向け返済特例制度を利用して、バリアフリー工事を行う人

 

ちなみに、工事完了後の
住宅部分の床面積の上限はありません。

 

50u(共同住宅では40u)以上に利用可能です。

 

なお、共有、親子リレー返済、収入合算などのために、
連帯債務者を立てることもできますが、
その場合、高齢者向け返済特例制度以外は
連帯保証人は不要です。

 

それから、これは
リフォーム融資のすべてについて言えるのですが、

 

住宅ローン控除については、
借入期間が10年以上のもので、
検査済証か建築士による増改築工事証明書を
確定申告書に添付することで認められます。

 

ただし、住宅ローン控除が受けられない
修繕や模様替えもありますので事前の確認が必要です。

住宅金融支援機構のリフォームローンの申込者の条件は?

住宅金融支援機構のリフォームローンの
申込者の条件は以下のようになっています。

 

■住宅金融支援機構借入金の毎月返済額の5倍以上の月収(必要月収)のある方

 

■申込日現在、79歳未満の方※

 

※高齢者向け返済特例制度を利用する場合は60歳以上の方。なお、年齢の上限はなく、親子リレー返済を利用する人の場合は79歳以上でも申し込みができます。

 

■申込者本人、本人の配偶者、本人または配偶者の親族の所有する住宅をリフォームする方

 

スポンサーリンク