申し込みに必要な書類は?

住宅ローンを組む際に必要な書類は?@

住宅ローンを組む際に
必要になる書類は次のようなものです。

 

■物件の所在地や詳細を確認するもの
■資金の使途を確認する書類
■収入を証明する書類
■売買契約書
■登記簿謄本...etc

住宅ローンを組む際に必要な書類は?A

上記の書類は、
勤務先や市区町村の役所で入手可能です。

 

ちなみに、同じ手続きであっても、
コピーでもOKであったり、
原本でないとダメだったりと、

 

金融機関によっては異なる場合がありますので
事前の確認が必要です。

収入を証明する書類とは?

収入を証明する書類というのは、
返済能力を確認するための書類になります。

 

サラリーマン、確定申告者の
収入を証明する書類は次のものです。

 

■サラリーマンの収入を証明する書類
⇒ 市区町村が発行する所得証明書※と源泉徴収票になります。

 

※所得証明書というのは、一般的には会社から毎年5月頃配布される「平成×年度 市民税・県民税 特別徴収税額の通知書」を提出します。 もし、この書類が紛失等ない場合には「課税証明書」で代替できます。この書類は、各市町村の市民税課で発行してもらえます。

 

■確定申告者の収入を証明する書類
⇒ 納税証明書、確定申告書、その付表

 

この場合、確定申告書とともに
税金の納付額と所得金額が記載されている部分の
提出が必要になります。

 

これは、自分の住所地の所轄税務署で入手できます。

 

スポンサーリンク

登記簿謄本は?

登記簿謄本というのは、
物件の権利や所在などの
詳細を確認するのに必要となります。

 

登記簿謄本は、
物件の所在地の登記所で入手可能ですが、
収入印紙の貼付が必要になりますので
注意してください。

 

ちなみに、
本人が登記所に行けない場合は、
委任状を持参すれば、
代理人でも入手することができます。

 

なお、平成18年4月からは
インターネットによって
オンライン登記所で情報を入手することも可能です。

 

スポンサーリンク