親から借りるときの借用書は?

マイホーム資金を親から借りる際の借用書はどうしたらいいの?@

借用書には
以下のような項目が記載されていなければなりません。

 

■借入日
■返済方法
■金利
■弁済期日(期間)
■貸出人の氏名
■借入人の氏名
■借入金額

マイホーム資金を親から借りる際の借用書はどうしたらいいの?A

また、借入人の署名・捺印があることが
大切な事項となります。

 

ちなみに、後々のトラブル防止のためにも、
借用書は、借主側よりも
貸主側が作成するようにしたいところです。

具体的な借用証書の事例は?

借用書というのは
具体的には下記のように記載します。

 

  借 用 書
 金 500万円也

 

 小林栄太は高橋伸司より上記の金額につき借用致しました。
 なお、返済金額、利息、返済方法および返済期日につきましては、以下1〜3の通りとします。

 

1.毎月25日に元本2万5千円を返済額として、貴殿指定の銀行口座に振込むこと。但し、上記指定日が銀行の休日日に当たる際は、前営業日の振込みとする。

 

2.金利は年0.5%とし、年2回(3月末と9月末)、3月末、9月末での借入残高に対して計算し、6か月分を貴殿指定の銀行口座に振込むこととする。

 

3.弁済期日は平成27年11月。
 高橋伸司 殿
 東京都渋谷区代々木1-1-1 借主 小林栄太 印
 平成17年12月1日 上記に相違ありません。

 

スポンサーリンク