本人確認書類等とは?

住宅ローンの申し込みのときに必要になる書類とは?@

住宅ローンの申し込みの際には、
金融機関によっても異なりますが、

 

次のような収入を証明する書類や
本人確認書類が必要です。

住宅ローンの申し込みのときに必要になる書類とは?A

■会社の決算書の写し、確定申告書の写し、住民税決定通知書
法人の代表者の場合に
これらの書類が必要になります。

 

各2〜3期分が必要です。

 

■確定申告書の写し、納税証明書(その1)(その2)
事業主の方の場合に
これらの書類が必要になります。

 

それぞれ2〜3期分が必要です。

 

■源泉徴収票、住民税決定通知書
サラリーマンなど給与所得者の場合に
これらの書類が必要になります。

 

源泉徴収票は前年度分、
住民税決定通知書は直近分が必要になります。

 

なお、他にも収入がある場合は
確定申告をしなければなりません。

 

■団体信用保険申込書兼告知書
団体信用生命保険への加入は任意です。
よって、加入しない場合には不要です。

 

■印鑑証明書
通常は発行後1〜3か月以内のものが
3通必要になります。

 

■印鑑、ローン借入申込書
銀行所定の申込書です。

 

■住民票
同居の家族全員が記載されているもので、
通常は発行後1〜3か月以内のものが2通必要になります。

 

■免許書、パスポート
こちらは本人確認書類になります。
保険証の場合には必ず原本が必要になります。

 

スポンサーリンク