親から借金するときは?

マイホームの取得のために親からの借金を考えているのですが…@

マイホームの取得にあたり
親からの資金援助を受ける方も
多くいらっしゃるかと思いますが、

 

その際には、親からの借金を
贈与とみなされないように注意してください。

マイホームの取得のために親からの借金を考えているのですが…A

たとえば、次のような項目には注意が必要です。

 

■借用書の作成 
■返済金額 
■返済期間の設定
■返済の記録 
■金利の支払い

親子間でも借用書の作成が必要なのですか?

たとえ親子間のでの金銭の貸し借りでも、
贈与とみなされないためには、

 

銀行などで借り入れするときの契約と同様に
「金銭消費貸借契約書」
の作成が必要になります。

 

そして、その契約書には以下の項目を記載し、
借主と貸主が署名捺印して、収入印紙を添付します。

 

費用はかかりますが
公正証書で作成するのが理想的です。

 

■借入日付 
■借入金額 
■金利
■返済方法 
■返済期限

 

スポンサーリンク

借用書の返済金額についてはどうしたらよいでしょうか?

金融機関で住宅ローンを組む場合には、
返済金額はそれらのローンも合計して、
返済可能と思われる金額にします。

 

一般的な返済比率としては
年収の40%までとされていますが、

 

年収から考えて、
あまりにも返済金額が多い場合には
返済の意思がないものとみなされることもありますので
注意が必要です。

借用書の返済期間の設定はどうしたらよいでしょうか?

返済期間については、
借金を完済するときの親の年齢が
75歳〜80歳になるように設定します。

 

親が70歳のときに
35年間の借り入れなどというケースは
実質的に認められない場合がありますので注意してください。

返済の記録についてはどうしたらよいのでしょうか?

実際の返済については、
あるとき払いで金額もばらばらということは、
実質的に贈与とみなされてしまう可能性がありますので、

 

毎月一定の日に
一定の金額を返済することにして、
振込みによって記録をとっておくようにします。

 

なお、利子についても
半年ごととか1年ごと
というように返済方法を決めて支払う必要があります。

金利の設定はどうしたらよいでしょうか?

金利の設定もあまり低すぎると、
実質的な贈与とみなされてしまいますので、

 

一般の金融機関の金利や
市場金利などを考慮して、
常識の範囲内の金利に設定するようにします。

 

スポンサーリンク