頭金の貯め方は?

上手な頭金の貯め方は何かありますか?

上手な頭金の貯め方としては、
まずは頭金がいつまでにいくらくらいの金額が必要か把握し、

 

それをどのような方法で貯めていくか
ということを明確にすることが大切です。

 

これに従った、自分独自の仕組みづくりが重要になります。

具体的な頭金の貯め方としてはどのような方法がありますか?

たとえば、以下のようなステップを踏んで貯めていくという方法も有効です。

 

■頭金がいつまでにいくらくらい必要かの把握
現在の家賃や生活費等から
次のような金額を算出してみます。
・毎月の返済可能額
・現時点における購入可能な物件の価格

 

次に、頭金としては、
その物件価格のおよそ3割程度必要であることを認識し、
何年間でいくら貯める必要があるのかを把握します。

 

なお、一般的には、頭金は
物件価格の2割程度とされていますが、
色々と諸経費もありますので、それを考慮すると
3割程度の頭金を用意しておくのが理想的です。

 

■毎月の貯蓄額の算出
毎月いくら貯める必要があるのかを算出します。

 

ちなみに、ここでは、
あまり過度な運用収益に期待せずに計画するようにします。

 

■収入と支出の現状確認
家計の支出に無駄はないか、
使途不明金はないかをチェックするために、
1か月の収入と支出を洗い出して
自分の支出パターンを把握し現状の確認をします。

 

そして、減らすことができそうな無駄や使途不明金は、
できるだけ貯蓄に回すような工夫を考えます。

 

■自動的・定期的に貯まる仕組み作り
必要な貯蓄額と使途不明金から
毎月の貯蓄できる金額を明らかにします。

 

そして、それに合わせて
自動振替や給与天引き等を活用して、
自動的・定期的に貯まる仕組み作りを行います。

 

運用する商品としては、財形住宅貯蓄、
住宅積立債券、住宅積立貯金等は
税制上の優遇もありますので利用する価値も高くなっています。

 

スポンサーリンク