変動金利選択型の注意事項は?

変動金利選択型の注意事項としてはどのようなものがありますか?

変動金利選択型の注意事項としては、
未払い利息が発生するリスク、

 

返済計画の立てにくさ、
元本部分が減少しないことなどがあげられます。

未払い利息が発生するリスクとはどのうようなものですか?

変動金利選択型の金利というのは
6か月ごとに見直しが行われますが、
毎月の返済額というのは
5年ごとに見直されることになっています。

 

このとき、毎月の返済額については、
急に返済額が増額されることがないように、
見直し前の返済額の1.25倍まで
という上限が設定されています。

 

ここで、未払いリスクが発生するリスクが生じることになります。

 

つまり、将来、金利が大幅に上昇を続け、
「毎月の返済額」>「利息の支払額」
となった場合には、

 

毎月の返済額だけでは、元本部分のみならず、
利息部分も追いつかなくなるということです。

 

スポンサーリンク

返済計画の立てにくさとはどのようなものですか?

変動金利というのは、
短期プライムレートに合わせて
年2回6か月ごとに金利が見直されます。

 

よって、住宅ローンを組む際には
将来の返済額が確定しないので
返済計画が立てにくくなるのです。

 

さらに、次のようなメリット・デメリットもありますので、
変動金利の利用にあたっては、
今後の金利動向に注意しながら選ぶことが重要です。

 

■メリット
金利の下降局面では、金利の見直しが行われるたびに返済額が減っていきます。

 

■デメリット
金利の上昇局面では、金利の見直しが行われるたびに返済額が増えていきます。

元本部分が減少しないとはどういうことですか?

金利が上昇している局面において
返済額が急激に増えると、
元本部分がほとんど減少せずに
返済が困難になる場合があります。

 

特に、元利均等返済で住宅ローンを組んでいると、
金利の上昇局面では返済額は同額でも、
利息の部分が増えているので、

 

上昇スピードによっては、元本部分がほとんど減少しない
といったことが起こる可能性があります。

 

スポンサーリンク