金利タイプ・返済期間で利用が多いのは?

金利タイプ・返済期間で利用が多いのは?@

金利タイプ・返済期間で
利用が多いものといっても、

 

それは個々のキャッシュフローや
ライフプランによっても異なります。

金利タイプ・返済期間で利用が多いのは?A

ただ、以下のような
公庫の利用者アンケート結果などをみると、
長期の金利上昇リスクを軽減させたタイプに
利用が集中している傾向があります。

 

<公庫の利用者アンケートの結果>
■返済期間について
・住宅ローンの返済期間は、住宅ローン利用予定者のおよそ60%が20年〜35年以内を希望しています。

 

■固定金利と変動金利について
・住宅ローン利用予定者のおよそ70%が固定金利と変動金利の併用を検討しています。

 

■金利タイプについて
・住宅ローン利用予定者のおよそ70%が全期間固定タイプを希望しています。

 

スポンサーリンク

上記アンケートはなぜそのような結果になっているのですか?

アンケートの結果が上記のようになったのは、
日銀のゼロ金利政策解除を受けて、

 

およそ80%の人が
金利が3年後までに上昇すると考えているなど、
金利の上昇への不安が大きいことがあります。

 

なお、変動金利の希望者でも、
およそ70%の人が金利上昇する局面では、

 

借り換えや繰り上げ返済をして
総返済額を減額させるなど、
金利上昇について
何らかの対応を検討しているようです。

最近の頭金なしの住宅ローンの利用状況はどうですか?

最近は、
頭金なしの住宅ローンを利用するという人は
以前に比べて減っているようです。

 

この背景としては、
金利上昇リスクだけでなく、
以下のような理由による不安からくるもののようです。

 

■減給やリストラによる収入の減少
■生活費や教育費等の支出の増加

 

スポンサーリンク