住宅ローン金利の適用時期は?

住宅ローン金利が適用されるのは、いつの時点の金利ですか?

住宅ローン金利というのは、
一般には市中の金利動向によって、
年4回であったり毎月であったり、その都度金利が見直されます。

 

なので、金利の変動によっては、
住宅ローンの申込時点と、融資の実行時点での金利では、
異なったものになる可能性があるのです。

公的融資と民間融資では、住宅ローン金利の適用時期は異なるの?

公的融資と民間融資では、
以下のように住宅ローン金利の適用時期は異なります。

 

■公的融資の場合
フラット35では、取り扱っている金融機関によって
手数料や金利というのは異なるのですが、
金利については、
申し込んだ時点の金利が適用されます。

 

■民間融資の場合
多くの民間金融機関では、
実際に資金を受け取った時点での金利
(融資実行時点の金利)が適用されます。

住宅ローン金利が融資実効時点の場合に注意事項はありますか?

住宅ローン金利が
融資実効時点の場合でも、

 

提携ローンなどのように、
申し込みから融資の実行までの期間が短く、
同一月内に申込日と融資実行日があるケースでは
特に問題にはなりません。

 

しかしながら、住宅を新築するケースでは、
融資の申し込みから実行までに
数か月かかることもあるので注意しなければなりません。

 

これは、特に長期固定ローンを利用したようなケースでは、
長期金利の変動次第で、
当初予定していた金利より
大きく上昇していることもあるからです。

 

スポンサーリンク