管理規約、管理組合とは?

管理規約とは?

管理規約というのは、
区分所有建物の管理と
その使用について、

 

区分所有者相互間で取り決めた
ルールのことをいいます。

区分所有法では、管理規約はどうなっていますか?

区分所有法においては、
管理規約は次のように規定されています。

 

⇒ 「建物又はその敷地若しくは附属施設の管理又は使用に関する区分所有者相互間の事項は、この法律に定めるもののほか、規約で定めることができる。」

 

ちなみに、この制定と改廃は、
区分所有者と専有部分の割合による議決権の
それぞれ4分の3以上の多数による
集会の決議によるとされています。

 

なお、この規約は、
区分所有者全員にその効力が及ぶだけでなく、
譲受人(特定承継人)にも及ぶことになります。

管理組合とは?

管理組合というのは、
区分所有者で構成される団体のことをいいます。

 

管理組合は、
区分所有建物の建物全体の維持管理と、
区分所有者間の権利義務を
調整するための団体です。

区分所有法における管理組合とは?

区分所有法では、管理組合について、
次のように規定しています。

 

⇒ 「区分所有者は、全員で、建物並びにその敷地及び付属施設の管理を行うための団体を構成し、この法律の定めるところにより、集会を開き、規約を定め、及び管理者を置くことができる。」

 

このように、区分所有者は、
当然にこの団体の構成員になるとしています。

 

スポンサーリンク