市街地開発事業等予定区域、市街地再開発事業とは?

市街地開発事業等予定区域とは?@

市街地開発事業等予定区域というのは、
大規模開発事業の適地を早期に確保し、

 

事業を円滑、迅速に実施することで、
計画的な市街化を図るための区域のことです。

市街地開発事業等予定区域とは?A

また、市街地開発事業等予定区域として、
次のようなものを
予定区域を都市計画に定めることができます。

 

■新住宅市街地開発事業
■工業団地造成事業
■新都市基盤整備事業
■区域の面積が20ヘクタール以上の一団地の住宅施設
■一団地の官公庁施設
■流通業務団地

予定区域が都市計画に定められた場合は?

予定区域が都市計画に定められると、
3年以内に

 

その予定区域に係る市街地開発事業や
都市施設に関する都市計画を
定めることが義務づけられています。

 

また、その予定区域の区域内で、
土地の形質の変更や、
建築物の建築その他工作物の建設を行う場合は、

 

原則として、
都道府県知事の許可を受けなければなりません。

 

スポンサーリンク

市街地再開発事業とは?

市街地再開発事業というのは、
都市再開発法に基づいて、

 

市街地の土地の合理的かつ健全な高度利用と、
都市機能の更新を図るために行われる
次のような事業のことをいいます。

 

■建築物と建築敷地の整備
■公共施設の整備に関する事業
■これに付帯する事業

市街地再開発事業の種類は?

市街地再開発事業には、
次のものがあります。

 

■第1種市街地再開発事業 
⇒ 第1種市街地再開発事業では、権利変換手続きを用います。

 

■第2種市街地再開発事業 
⇒ 第2種市街地再開発事業では、収用手法を用います。

 

スポンサーリンク