市街地整備基本計画、土地収穫逓減の法則とは?

市街地整備基本計画とは?@

市街地整備基本計画というのは、
市街化区域の整備を効率的に、

 

かつ、計画的に推進するために策定される
総合的なプログラムのことです。

市街地整備基本計画とは?A

また、市街地整備基本計画は、
整備、開発、保全の方針等のマスタープランを受け、
それを具体化するための
整備手法、整備主体、整備時期等を明らかにするものです。

市街地整備基本計画の都市計画としての位置づけは?

市街地整備基本計画は、
都道府県が都市計画区域ごとに、
おおむね10年を目標に策定するものとされています。

 

また、市街地整備基本計画は、
行政庁内部における市街地整備の指針であるので
法的な拘束力は持ちませんが、

 

その基本的事項については、
都市計画区域整備、開発、
保全の方針に定めることによって、
都市計画として位置づけることとされています。

 

スポンサーリンク

土地収穫逓減の法則とはどのような考え方ですか?

土地収穫逓減の法則というのは、
地代の成立に関する考え方です。

 

一定の土地から得られる収穫は、
その土地に投下される労働・資本の量が
増えるに従い増えていきますが、

 

その場合、投下総量が一定限度を超えると、
労働・資本の増加分1単位がもたらす
収穫量の増加分は、次第に減少します。

 

土地収穫逓減の法則とは、この事実のことをいいます。

 

ちなみに、この土地収穫逓減の法則は、
地代成立の1つの根拠となっています。

 

スポンサーリンク