事業受託方式、仕切り方式とは?

事業受託方式とは?@

事業受託方式というのは、
土地の有効利用方法の1つです。

 

事業受託方式は、
土地所有者からの依頼を受けて、

 

不動産会社(ディベロッパー)が、
事業計画の策定、資金の調達、工事の受注、
テナントの斡旋、完成建物の管理等の

 

土地利用事業に係る
すべての業務を引き受ける方式のことをいいます。

事業受託方式とは?A

また、事業受託方式では、
不動産会社が完成建物を
一括借上げする等の方法によって、
土地所有者の収入を保証するケースが多いです。

 

ちなみに、この事業受託方式は、
信託銀行の土地信託に対抗するために
不動産業界が開発した者で、
昭和56年頃から急速に普及してきています。

仕切り方式とは?

仕切り方式というのは、
業者間取引において、
買主が一定価格条件を売主に提示し、

 

それ以内でなければ
応諾しない取引方式のことをいいます。

 

ちなみに、
この価格条件を「仕切り値」といいます。

 

また、転じて買取仲介における買主指値や、
用地買収における買主の上限取得価格も意味します。

仕切り方式のポイントは?

仕切り方式では、
次のようなものがポイントとなります。

 

■当事者の資金力
■取引収支の見通し
■危険負担計算

 

スポンサーリンク