土地改良法、土地基本法とは?

土地改良法とはどのような法律ですか?

土地改良法というのは、
農業に関する法律です。

 

具体的には、農業生産性の向上、
農業構造の改善を促すための、

 

農用地の改良・開発・保全・集団化
に関する事業についての
必要な事項等が定められています。

具体的な土地改良事業は?

具体的な土地改良事業としては、
次のようなものがあります。

 

■農業用排水施設等の土地改良施設の新設
■区画整理
■農用地の造成
■埋め立て・干拓...など

土地基本法とはどのような法律ですか?

土地基本法というのは、
国土利用に関する法律で、
土地についての憲法ともいえるものです。

 

具体的には、土地についての基本理念、
国、地方公共団体、事業者および国民の責務、
土地に関する基本的施策等を規定することによって、

 

土地政策を総合的に推進し、
国民生活の安定と
国民経済の健全な発展に
寄与するために制定されたものです。

土地基本法の基本理念とは?

土地基本法では、
次の4つの基本理念が掲げられています。

 

■土地についての公共の福祉の優先
■適正な利用及び計画に従った利用
■投機的取引の抑制
■価値の増加に伴う利益に応じた適切な負担

 

スポンサーリンク