土地公有化論とは?

土地公有化論とはどのような考え方ですか?

土地公有化論というのは、
土地所有のあり方に関する考え方です。

 

具体的には、土地の私有化を
否定する論理のことです。

土地公有化論の登場は?

土地公有化論は、
18世紀後半のイギリスで登場しました。

 

これは、イギリスにおける
次のようなことが背景にありました。

 

■農業資本主義が最も典型的に開花したこと
■近代的土地所有が典型的に展開したこと

古典派経済学の土地公有化論の理論的根拠は?

古典派経済学の立場からの
土地公有化の理論的根拠は、
資本蓄積と土地所有の矛盾に求められます。

 

スポンサーリンク

差額地代論による土地公有化は?

リカードの差額地代論によると、
資本の新蓄積は、

 

結果として劣等地への耕作拡大、
ひいては地代の上昇を招き、
利潤率の低下をもたらすとされています。

 

つまり、土地所有から生ずる地代が
資本蓄積の障害となるということです。

 

ちなみに、古典派とは別に、
土地の公共性や土地の投機による
土地利用配分の失敗等の観点から、
土地の公有化が論じられることもあります。

 

スポンサーリンク