年賦償還率、倍率方式とは?

年賦償還率とはどのようなものですか?

年賦償還率というのは、
「元利均等償還率」ともいいますが、
複利計算式の値のことです。

 

具体的には、借入金の返済のように、
将来時点(n年末)に元金1円を返済するために、
各年末に支払う一定の額※を求める率のことをいいます。

 

※借入金の年利率rの利子を含む返済額です。

年賦償還率の算式は?

年賦償還率を式で表すと、
次のように、年利率rと償還基金率との合計額になります。

 

⇒ r+r/(1+r)^n-1

 

ちなみに、不動産鑑定評価では、
有限期間(n)で償却される資産について、
期末に生ずる一定の額※を求める場合に用いられます。

 

※年利率rによる運用利子と償却額の合計額です。

倍率方式とはどのようなものですか?

倍率方式というのは、
相続税や贈与税等の
土地と家屋の課税価額となる評価額
を算出する評価方法のことです。

倍率方式が適用されるのは?

倍率方式は、路線価方式により評価する
宅地以外の宅地や農地、山林、原野、鉱泉地、
雑種地、家屋の評価に適用されます。

 

また、宅地の場合には、
固定資産税評価額に
国税局長が一定の地域ごとに定める倍率を
乗じて計算した金額により評価します。

 

ちなみに、家屋は、財産評価基本通達により、
固定資産税評価額に乗ずる倍率を1.0と定めています。

 

スポンサーリンク