農地法、日照権とは?

農地法とはどのような法律ですか?@

農地法というのは、農業に関する法律です。

 

農地法では、農地は
その耕作者自ら所有することが最も適当である
という考え方の下、

 

耕作者の地位の安定と、農業生産力の増進を目的に、
耕作者による農地取得の促進と権利保護、
土地の利用関係の調整方法等が規定されています。

農地法とはどのような法律ですか?A

なお、利用関係の調整に関しては、
農業上の効率性を重視する観点から、
農地転用規制の規定が設けられています。

農地とはどのようなものですか?

農地というのは、
土地の利用上の区分のことです。

 

一般的には、
農業目的に用いられている土地全般
を指すこともありますが、

 

農地法では、
耕作の目的に供される土地と定義されていて、
採草放牧地とは区別されています。

 

スポンサーリンク

日照権とはどのような権利ですか?

日照権というのは、
建築分野等での用語です。

日照権の法的性格は?

日照権は、法律で規定された権利ではありません。

 

また、内容や法的性格についても学説が分かれていて、
判例上も明らかにはなっていません。

 

ただし、建築基準法では、
日影等による建築物の高さ等の制限規定がありますので、
地域の性格に応じた日照の確保は図られています。

 

よって、日照阻害の問題は、
基本的に受忍限度を超えるか否かで判断されることになります。

 

スポンサーリンク