バリアフリー、ハートビル法、PML値、附合とは?

バリアフリーとはどのような考え方ですか?

バリアフリーというのは、建築設計の用語です。

 

具体的には、高齢者や障害者に配慮して、
段差や仕切等の様々な障害(バリア)を
取り除こうとする考え方のことをいいます。

ハートビル法について

高齢者や身体障害者等が
円滑に利用できる特定建築物の建築の促進に関する法律
(通称「ハートビル法」)によって、

 

不特定多数の人々が利用する
一部の建築物について、
建築主には
バリアフリー対応が義務付けられるようになりました。

PML値とはどのようなものですか?

PML値というのは、
不動産評価で用いられる用語です。

 

具体的には、地震による
予想最大損失率のことをいいます。

 

スポンサーリンク

PML値の定義は?

PML値については、
統一された定義はありません。

 

ちなみに、50年間に起こる可能性が
10%の大地震が発生した場合に、
被害総額の再調達原価に対する比率として
定義されている場合もあります。

附合とはどのようなものですか?

附合というのは、
民法が規定している権利変動形態のことです。

 

具体的には、所有者の異なる2個以上の物が結合して
1個の物となることをいいます。

附合の種類は?

附合には、次の2種類があります。

 

■不動産と動産との附合 
⇒ 親が所有する建物に娘が台所等を設置したような場合です。

 

■動産と動産との附合 
⇒ 自転車のタイヤのパンクを友人が持っていた別のタイヤと取り換えたような場合です。

 

スポンサーリンク