不動産鑑定士試験、不動産鑑定業とは?

不動産鑑定士試験とはどのような試験ですか?

不動産鑑定士試験は、
不動産鑑定士(補)になるための国家試験のことです。

 

また、不動産鑑定士試験は、
法律に基づいた国家試験ですが、

 

第1次、第2次、第3次試験に分かれていて、
それぞれに受験資格、試験科目が定められていて、
毎年1回実施されます。

不動産鑑定士試験の実施は?

試験の実施は、
国土交通省の土地鑑定委員会が行います。

 

ただし、実際の窓口は、
都道府県庁の所管課になります。

不動産鑑定士(補)とはどのような資格ですか?

不動産鑑定士(補)というのは、国家資格です。

 

不動産鑑定士や士補でないと
業としての不動産鑑定評価を行うことができませんが、

 

不動産鑑定士(補)となるには、
法律で規定された資格要件があり、
資格試験に合格して、
所定の実務経験をおさめることが必要になります。

 

また、資格要件を備え法定の欠格条項のない者であれば、
国土交通省の不動産鑑定士(補)名簿に
登録されることにより、その資格が正式に与えられます。

不動産鑑定業の規制は?

不動産鑑定業には、
「不動産の鑑定評価に関する法律」
による規制があり、
国土交通大臣や都道府県知事の監督下におかれます。

不動産鑑定業を営もうとする場合は?

この業を営もうとする場合は、
国土交通大臣や都道府県知事の業者登録が必要になります。

 

また、事務所ごとに1人以上の
専任の不動産鑑定士をおく義務があります。

 

スポンサーリンク