不動産・土地の種別、保留地、プロパティ・マネジメントとは?

不動産の種別とはどのようなものですか?

不動産の種別というのは、
鑑定評価上の不動産の分類方法のことです。

 

鑑定評価の際には、
不動産の存する地域に応じた分析
(地域分析)が必要になりますが、

 

不動産の種別とは、
不動産の用途に関して区分される
不動産の分類のことをいい、
地域の種別と土地の種別があります。

地域の種別とは?

地域の種別には、次のようなものがあります。

 

■宅地地域 
⇒ 宅地地域は、さらに住宅地域、商業地域、工業地域等に細分されます。

 

■農地地域
■林地地域...など

土地の種別とは?

土地の種別というのは、
地域の種別に応じて分類される
土地の区分のことで、次のようなものがあります。

 

■宅地 
■農地 
■林地
■見込地 
■移行地...など

 

スポンサーリンク

保留地とは?

保留地というのは、
土地区画整理事業における土地の区分のことです。

 

具体的には、土地区画整理事業の
施行の費用に充てるため、

 

換地計画において、
換地として定めないことができる
一定の土地のことをいいます。

プロパティ・マネジメントとはどのようなものですか?

プロパティ・マネジメントというのは、
不動産に関する事業のことです。

 

具体的には、不動産の所有者に代わり、
次のような業務を行います。

 

■建物の日常維持保守 
■テナント営業 
■賃貸借条件交渉
■クレーム対応 
■入出金管理...など

 

スポンサーリンク