法人の土地譲渡益重課制度とは?

法人の土地譲渡益重課制度とはどのような制度ですか?@

法人の土地譲渡益重課制度というのは、
投機的な土地取引の抑制を図る税制のことです。

 

具体的には、法人の譲渡等には、
通常の法人税のほかに

 

譲渡利益全額を課税対象として、
追加して課税する制度のことをいいます。

法人の土地譲渡益重課制度とはどのような制度ですか?A

ちなみに、
昭和48年の税制改正において、
法人の土地投機の抑制を図るために創設されました。

土地の譲渡等とは?

法人の土地譲渡益重課制度における土地の譲渡等とは、
土地※の譲渡、特定の借地権の設定や
仲介行為、その他の行為のことです。

 

※土地の上に存する権利を含みます。

 

スポンサーリンク

欠損法人の土地譲渡益重課制度は?

重課制度は、
土地譲渡益のみを全体の利益から抜き出し、
分離して特別の課税を行いますので、

 

欠損法人であっても、
土地の譲渡益があるのであれば課税されます。

土地譲渡益重課制度の対象から除かれるのは?

次の譲渡等で、一定の要件に該当するものは、
課税対象から除かれます。

 

■国や地方公共団体等に対する譲渡
■優良な宅地の供給等に寄与する譲渡
■棚卸資産の譲渡

土地譲渡益重課制度の税率は?

土地等の所有期間が
5年超のものには5%、
それ以外のものには10%の税率で
追加課税されます。

土地譲渡益重課制度の停止について

平成20年末までの土地譲渡益については、
土地取引の活性化や景気対策への配慮等から、
重課制度の適用が停止されています。

 

スポンサーリンク